2018年8月10日金曜日

インデックス型変額 年金第2回


 
 


2018810

 

本記事は、アメリカアクチュアリー会のニュースレター3月号に記載されている記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の翻訳である。この記事は3回に分けての配信予定であり、その第2回である今回は、「ASSET- LIABILITY MANAGEMENT(Bond Component)」、「ASSET- LIABILITY MANAGEMENT(Derivatives Component)」、「PRODUCT ISSUANCE」の3節について配信する。

インデックス型変額年金(IVA: 米国年金市場の次なる商品フロンティア

Simpa Baiye, Robert Humphreys, David Knipe

資産負債総合管理(ALM

・債券部分

保険会社は、契約保証金(contract deposits)を確定利付証券に投資することで債券部分をヘッジできる。債券投資は、信用リスク、金利リスク、流動性リスクをとる保険会社に対し利息収入をもたらす。債券投資の保有期間リスク(duration risk)、流動性リスク及び信用リスクは、商品設計、脱退や償還の起こりやすさ、そして、株式指数に連動するクレジットに投資するために取引されたあらゆるデリバティブに対する担保の継続的な必要性を反映するだろう。

・デリバティブ部分

利息付与は、同タイミングで売却したプットオプションからもたらされる収益と同じ額のコールオプションを購入することでヘッジできる。債券投資で予想される利回りは、コールオプションの購入にも貢献するだろう。コールオプションは、取引所または店頭(OTC)で購入できる。

商品の発行

IVAの法定な商品形態はほとんどの場合、修正型最低利率保証付個人年金(Modified Guaranteed Annuity, MGA)である。MGAは、事実上利回りが決められた期間維持された場合のみ保証される据置変額年金である。MGAは、(とりわけ)商品の特徴、IVAのために保証された複数のアカウント(guaranteed separate accounts)を作成すること、そして準備金に充当する資産の市場価値、に影響を与える規制に左右されやすい。

 

  IVAの商品設計の特徴は、保険契約者が契約の満期に頭金の一部または全てを失う可能性があることだ。この理由から、IVA1933年証券法に基づいて登録が必要である。証券法の下での発行は、準備金に充当する資産が含まれるユニット化されていない(non-unitized) 、保証された複数のアカウント(guaranteed separate accounts)を確立することにより補われる。これらの複数のアカウント(separate accounts)は、関連した州法に従うものである必要がある。

 

 複数のアカウント(separate accounts)と保険会社の一般アカウント(general account)の間での送金(許可された場合)は、支払準備金要件やデリバティブの継続的な担保要件への資金供給、保険給付の支払い、そして保険会社に利益をもたらすのに役立つ。




 
次回は、同記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の第3回を配信予定である。

注. 本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属に帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。
この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします。

2018年8月4日土曜日

インデックス型変額年金

 
 
 
2018年8月4日

 
本記事は、アメリカアクチュアリー会のニュースレター3月号に記 載されている記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の翻訳である。この記事は3回に分けて の配信予定であり、その第1回である今回は、「WHAT ARE INDEXED VARIABLE ANNUITIES?」、「IVA DESIGN」、「PRODUCT ENGINEERING」の3節について配信する。 図に関しては元の記事を参照されたい。
 

インデックス型変額年金: 米国年金市場の次なる商品フロンティ ア
著Simpa Baiye, Robert Humphreys, David Knipe
      

 「構造型(structured)」または「緩衝型( buffer)」 年金としても知られているインデックス型変額年金(IVA)は、 保険会社と投資家の両方の関心を集めている比較的新しい商品であ る。IVAには保険会社や顧客にとって魅力的な特色がある一方、 複雑な財務報告とコンプライアンスの考慮が必要となる。 実際の発行人、 潜在的な発行人および他の利害関係者がこれらの商品の性質をより よく理解できるように、この記事では以下のことを議論する。
・商品設計
・商品工学(product engineering)
・発行
・資産負債総合管理
・規制およびGAAPの会計フレームワークに関する会計上の考慮 事項
 

インデックス型変額年金とは何か?
 インデックス型変額年金(IVAs)(「構造型( structured)」または「緩衝型(buffer)」 年金としても知られる)は、比較的新しい据置年金商品である。I VAは本質的に、 市場パフォーマンスの低下によってある程度リスクが生じる可能性 がある一方で株価指数に連動した累積的な利息をもたらす据置年金 である。IVAは、株価指数に連動した限定的な利益をもたらし、 また市場パフォーマンスの低下によるリスクを負うことがない定額 指数連動型年金(fixed indexed annuities, FIAs)や、 市場パフォーマンスの影響をもろに受ける変額年金とは異なる。図 1(15ページ)はこの特徴をIVAやそれに関連した他の種類の 年金と株式市場の収益率に対応した期間収益率(または予定利率) を示すことで説明している。
 
IVAの設計
 
商品工学(Product Engineering)
 
本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。

この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします

2018年4月29日日曜日

OECD 円卓会議でアジア保険市場についてアクチュアリーとして発表




4月25日、26日と霞が関ビルでOECD Round Tableが開催されました。

東京国際アクチュアリーアカデミー学長の吉田英幸も国際アクチュアリー会(IAA)の代表としてプレゼンを行いました。

当日の資料は、ご要請によりご提供します。

国際的アクチュアリーを目指す方は、当アカデミーの講座やインターンシップをどうぞ。初心者講座、本講座、米国アクチュアリー会(SOA)講座と三つあります。遠隔地でもビデオ受講可能です。

2017年9月12日火曜日

ライフネット生命創業者出口先生の生保成長戦略のセミナー


東京国際アクチュアリーアカデミーでは、特論セミナーを開始しましたが、その第3回目のセミナーは、ライフネット生命創業者 出口 治明 先生をお招きして、保有契約の伸び悩みが続く日本の生保業界の成長戦略がいかにあるべきかにつき、ご講演いただきます。
特論セミナーのリンクは、こちらです。今すぐの申込を。

今後の生保業界の成長戦略のあるべき方向性について

【日時】10月17日(火)14:00-17:00
会場】FBCフォーラム
    
詳細はこちらをご覧ください。
受講料】16,200円(税込)
講師ライフネット生命創業者 出口 治明 先生
出口先生

【講師経歴】1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年に代表取締役会長就任。2017年6月から創業者として、ライフネット生命の広報活動・若手育成に従事。

【お申込み】
銀行振込を希望される方はこちらよりお申込みください。

2017年8月27日日曜日

マレーシアのタカフル保険会社のM&A投資機会について


東京国際アクチュアリーアカデミーでは、9月11日の7時半からアルカディア市ヶ谷でDinner付きで、マレーシアのタカフル保険会社のM&A機会についてのセミナーを行います。アジアに進出を計画されている生損保のご担当者様、及び投資銀行等のアドバイザー様には是非、受講をお勧めします。
こちらのリンクをご参照の上で申し込み下さい。

「マレーシアのタカフル保険会社のM&A投資機会について」

【日時】9月11日(月)19:30~21:00
【会場】アルカディア市ヶ谷
               詳細はこちらをご覧ください。
【受講料】23,760円(夕食付)
【講師】Zainal Abidin Mohd. Kassim 先生
【講師経歴】
 Zainal先生はマレーシアにおいて生保、損保、医療保険、年金、退職給付と様々な分野で30年以上アクチュアリーコンサルタントとして従事し、タカフルを提供する会社においてアポインテッドアクチュアリーもご経験されています。
 また、IASB Working Groupのメンバーも兼任されており、年金、退職給付にかかるIAS19の評価をご担当され、最近のIFRS17の導入にともなうマレーシアの年金、退職給付にかかる会計基準の議論にも貢献されました。
 先生は現在、クアラルンプールにあるActuarial Partners Consultingにおいて、Senior Partnerとしてご活躍されています。
先生は、マレーシアアクチュアリー会のプレジデントでもあられました。

【セミナー概要】
マレーシアのタカフル保険の紹介と、そのMAの機会について
 マレーシアは人口3090万人の国ですが、その60%をイスラム教徒が占めます。 マレーシアは1957年に英国から独立を果たしました。その政治的および法的構造は主に英国体制から継承されていますが、同時にイスラム教徒の家族問題にはイスラムの信仰に基づくシャリーア法を適用しています。
 更にマレーシアでは、金融業務及び銀行業務においても、従来の考えに基づくものとシャリーア法に基づくものを運営しています。保険に関しても、従来の保険とシャリーア法に基づくタカフル保険が存在します。 多くの日本の保険会社・再保険会社が、17億人もの信者が存在するムスリム地域でのタカフル保険適用の有用性を学ぶことを望んでいます。マレーシアにおけるタカフル保険設立は彼らにとって非常に有益なものなのです。
このセミナーでは下記のテーマについてお話しいたします
(ⅰ)マレーシアにおけるタカフル(生保、損保)の発展。 その実績と将来の展望。
ii)マレーシアのタカフル保険の統率者について、及び、その成功または失敗の背景。
iii)タカフル保険と従来の保険の相違点、および、タカフル保険と従来の保険の利益における相違点。
iv)イスラム金融とタカフル保険に関する規定。
v)イスラム債を含むイスラム資産について、および、タカフルで提供可能な保険商品がイスラム資産に基づいてどのように決定されるか。
vi)他国におけるタカフル保険の発展と実績の概要。 成功に向けての取り組み。
2013年のイスラム金融法では、生保と損保による複合タカフル企業が、5年以内に事業を分割するように定めています。 複合タカフル企業は8社あり、2018年までに事業を分割する必要があります。この取り組みにより、企業は資本を増やし、ビジネスモデルを再評価する機会を得るため、合併買収の切り口となります。 外国人投資家は、保険会社やタカフル企業で最大70%の持分を保有することができます。 このセミナーでは、マレーシアのタカフル企業を紹介し、MAの機会についてお話しする予定です。
【お申込み】
銀行振込を希望される方はこちらよりお申込みください。

東京国際アクチュアリーアカデミーの試験対策講座一覧はこちらを参照ください。
各種講座申込一覧は、こちらをご参照ください。











2017年8月26日土曜日

保険の国際会計基準IFRS17を学ぼう


東京国際アクチュアリーアカデミーでは、特論セミナーを開始しましたが、その第一回目のセミナーは、保険会計が全く新しくなるIFRS17をトピックとします。来週月曜日の8月28日の午後から開催されます。業界人の常識にあっという間になっていきます。
また、IT業界の方は、会計基準のコンバージョンの大規模プロジェクトの基礎知識が得られます。
リンクは、こちらです。残席わずかです。今すぐの申込を。

「IFRS第17号「保険契約」の概要と主要な論点について」

【日時】828日(月)13:30 – 16:30会場】FBCフォーラム
    
詳細はこちらをご覧ください。
受講料】16,200円(税込)
講師武田 泰史郎 先生
【講師略歴】
 PwCあらた有限責任監査法人アクチュアリーグループに所属するシニアマネージャー。
 PwC入所以来、一貫して保険会社をはじめとする金融機関の監査業務・アドバイザリー業務に従事。2014年7月から2年間、PwC NYオフィスのアクチュアリー部門に出向し、現地の生命保険会社に対する監査業務・アドバイザリー業務に従事。現在は、15年以上にわたる保険分野での経験を活かし、保険数理周りの監査サポートのほか、IFRS導入支援業務、ERM導入支援業務、エコノミックキャピタル計算支援業務等、多数のアドバイザリー業務を生損保会社に提供している。
 早稲田大学理工学部数学科卒。公認会計士。日本アクチュアリー会正会員。

当セミナーでは資料の販売も行っておりますので是非お買い求めください。
【資料価格】4,320円(
税込)
資料販売期間】2017年8月28日~2019年8月28日(2年間)
【セミナー概要】
国際会計基準審議会(IASB)は、2017年5月、長きにわたり議論されてきた保険契約プロジェクトの成果物として、最終基準書IFRS17号「保険契約」を公表しました。「保険」という経済活動に焦点を当て、比較可能性の確保や情報の質の向上を目的として進められてきた当プロジェクトは、「保険」が持つ性質の特殊性・複雑性等を理由に、2013年6月に公表されたIASBの再公開草案から約4年、当初の検討から含めると実に約20年の検討期間を要したことになります。
保険契約に関する会計基準の制度化は、内外のステークホルダーへの有用な情報提供が期待されている一方で、その実施については、データ・システムなどインフラ面の整備や業務プロセスの変更など、その影響は広範囲にわたることが想定されています。
本セミナーでは、IFRS17号「保険契約」の概要と主要な論点について、会計的・数理的視点の両面から解説していきます。

【お申込み】
銀行振込を希望される方はこちらよりお申込みください。

東京国際アクチュアリーアカデミーの試験対策講座一覧はこちらを参照ください。
各種講座申込一覧は、こちらをご参照ください。







2017年5月27日土曜日

インターン業務で保険会社売却のプットオプション計算

The price of the put option (“Premium”) is calculated by the following

最近、ブラックショールズで保険会社の売却価格に、ストライクプライスを設定して、Put Optionの価格を計算する業務をインターン生に与えたが、なかなかしっかりした回答をしてきた。
東京国際アクチュアリーアカデミーの講座を受講するとともに、実務研修をインターンシップで経験して、先端を行くアクチュアリーを目指しましよう。