2018年9月12日水曜日

保険会社と顧客の両方に利益をもたらす、生命保険の対象商品と市場分割の使用について 第2回




2018年9月10日
 
 
 
 本記事は、アメリカアクチュアリー会(SOA)の雑誌The Actuaryに記載されている記事「Bull’s-eye!: Using targeted products and market segmentation in life insurance to benefit both insurer and customer」の翻訳である。この記事は3回に分けての配信予定であり、その第2回である今回は、「BRINGING SEGMENTATION TO THE LIFE INSURANCE INDUSTRY」の1節について配信する。

生命保険業界への「市場分割」の導入

生命保険業界では保険契約や保険契約者に関する多くのデータが蓄積されているため、アクチュアリーも顧客をよりよく理解し、対象を絞ることができます。保険会社が収集した既存の経験則的データは、保険契約者の行動に関した仮説を立てるためにたびたび使用されます。そして、生命保険業界のデータが膨大なるにつれ、予測モデリング手法(predictive modeling)を用いることによって保険契約者の行動に関するより正確な仮説を立てるために、そのデータはますます使用されていきます。

保険契約に関する特徴を備えた予測モデルは、保険契約者の行動をよりよく区別するための仮説を立てる時の第一歩ですが、保険契約の特徴だけでは保険契約者の行動までは見えません。ここでビッグデータの出番です。第三者のデータを売買する業者から入手可能な保険契約者に関する追加データを取得することによって保険契約者の行動を予測することを超えて、保険契約者の購買動機を理解し始めることができます。このように顧客をよりよく理解することで、保険会社は、特定の顧客のニーズにより対象を絞った適切な保険商品を開発できるようになります。例えば、直ちに資金が必要な顧客は、将来的により多くの資金が得られる可能性がある特徴の商品よりも、今すぐ資金を調達できる可能性がある特徴の商品により価値を置く傾向があります。

他の予測分析と同様に、この分析も第一歩はデータを集めることです。保険会社の場合は、死亡保険金額や、死亡率経験値、保険契約者の人口統計、そして販売経路などの内部データを収集することから始めます。次は内部データを増やすためにできるだけ多くの追加データを得ることです。理想的には、職業や、消費状況、ローン状況、そして信用度などの保険契約者の全体的な財務状況を把握するための情報です。これらの主な「市場分割」の仕方は以下の通りです。

・地理(人口密度、気候)
・人口統計(年齢、家族構成、ライフステージ、性別、収入、教育)
・心理的属性(生活様式、人格)
・行動(購買、売買、顧客だった期間)

これらのデータはクラスター分析アルゴリズムを使用して保険契約者を「市場分割」するため使われます。

これによって分けられた保険契約者の「市場分割」(グループ)は、状況や購買動機が共有されているため同じような振る舞いをする可能性が高い保険契約者として同一視します。商品開発の対象として有益と考えられる「市場分割」は、以下のものです。

・測定可能性(Measurable). 規模や、購買力およびその特性を測ることができる
・有力性(Substantial). 規模が十分大きく、利益になりうる
・アクセス可能性(Accessible). 効率的に保険契約者に届き、提供できる
・弁別可能性(Differentiable). 根本的に区別され、異なる行動をする
・行動可能性(Actionable). 効率的に保険契約者を引き付け、提供できる

例えば、財政面の信用度が低く、またあるいは住宅ローンのLTV割合(Loan to Value ratio, 不動産投資信託の総資産に占める負債の割合)の高い「市場分割」は、資金を必要としており、それが契約に関しての決定にも影響を及ぼす可能性があります。予測モデルを各保険契約者の「市場分割」に使用することで、保険契約者が関心のある行動を予測することができます。各「市場分割」に使われるモデル間に違いがあることが予想されるため、その違いによって、各「市場分割」がどのように行動を決定しているか分かるようになります。

各「市場分割」がどのように行動を決定しているかについて理解を深めることで、これらの保険契約者とそのニーズについてより多くのことを理解し、そして将来彼らがどう行動するかについてより良い仮説を立てることができます。さらにこれを踏まえて、これらの予測モデルの仮説は各「市場分割」の収益性を決定するためのキャッシュ・フロー予測に使用することができます。計算された収益性は、最終損益を高めるために商品が販売される「市場分割」を決定することに使われます。

保険契約者の行動への深い理解は、収益性を高めるだけでなく、「市場分割」のニーズに対しより適切に対象を絞った新商品を開発することにも使えます。例えば、分析によって、ニーズに合ってない商品を購入していると考えられる保険契約者の「市場分割」を特定できた場合、この情報から彼らに対象を絞って、彼らが考えるニーズにより合った新しい商品または異なる商品を作ることができます。

多くの生命保険会社は昔から、お互いに全く違った行動を起こす可能性がある保険契約者を区別することができないという重大な問題に直面していました。これにより新商品の販売と開発において全体的に非効率性と課題が生じていました。これらの非効率性を緩和するために、市場分割は既に多くの他業界で使用されています。「市場分割」することにより、企業の収益性を向上させるだけでなく、同時に、独自のニーズに基づいた顧客により高い価値のある商品を提供することが出来るようになります。

「市場分割」することは生命保険の商品開発と販売の次の一歩とみていますが、これが最高の状態となることは無いでしょう。データと技術が進化し続けるにつれて、私達は今いる場所を超えて、将来進むであろう場所へ前進し続けなければなりません。

次回は、同記事「Bull’s-eye!: Using targeted products and market segmentation in life insurance to benefit both insurer and customer」の第3回を配信予定である。

注. 本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。
この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします。

2018年9月1日土曜日

保険会社と顧客の両方に利益をもたらす、生命保険の対象商品と市場分割の使用について 第一回

 
 
2018年9月1日
 
 
本記事は、アメリカアクチュアリー会(SOA)の雑誌The Actuaryに記載されている記事「Bull’s-eye!: Using targeted products and market segmentation in life insurance to benefit both insurer and customer」の翻訳である。この記事は3回に分けての配信予定であり、その第1回である今回は、「Segmentation at Work」の1節について配信する。

保険会社と顧客の両方に利益をもたらす、生命保険の対象商品(Targeted Products)と市場分割(Market Segmentation)の使用について

市場分割(Market Segmentation)は決して新しいトピックではなく、特に革新的なトピックでもありません。むしろ、「市場分割」(Segmentation)は1960年代初めからマーケティング研究の重要なマーケティング概念であり、焦点と考えられていました。市場は不均一で雑多であるため、全ての顧客に大きな魅力をもたらす唯一の商品を開発することはほとんど不可能です。たとえそのような商品が作られたとしても、あるいは商品が広く市場に出回っていても、異なる顧客はその商品に異なる動機または用途を持つ可能性が高いです。
他業界での「市場分割」
生命保険業界の「市場分割」について掘り下げる前に、多くの業界で普及してきた「市場分割」の使い方からヒントを得ることができます。1920年代にゼネラルモーターズは市場分割戦略の有名な例である「あらゆる購買層と目的に合った車(a car for every purse and purpose)」を生産することにより、フォードを自動車販売で追い越しました。より最近では、クレジットカード業界が顧客の過去の信用のある行動傾向に基づいて顧客を「市場分割」し、対象となる勧誘メッセージや商品を送ったり、配当やキャッシュバックをしたりしています。

保険業界に近い業界でも、すでに機能している「市場分割」の例があります。例えば自動車保険会社はニッチ市場(特定のニーズを持つ規模の小さい市場)に対応するために進化しました。例を挙げるとUSAA(United Services Automobile Association)は軍とその家族に保険を提供し、Progressive(保険会社名)は事故率が高いドライバーに保険を提供します。これらの特定の市場にサービスを提供することで、企業は選ばれた「市場分割」に向けて販売するので、販売効率と顧客満足度を向上させることができ、そういった顧客のニーズに合った商品を提供することができます。

また生命保険業界でも既に「市場分割」するようなことは見受けられています。以前は、クラスター分析が保険数理的なモデリングの最前線に持ち込まれており、特に保有契約のデータ圧縮に使用されています。このクラスター分析の考え方は、根本的には市場分割と同じものです。クラスター分析の手順は、グループを作り(この場合は保有契約のグループ)、契約に関する特徴を利用して似通った契約のグループが作り出されます。含まれている契約を特徴付ける単一のレコードが、各々の「市場分割」(グループ)を代表します。これにより精度を損なうことなく、より少ない数のレコードでプロジェクション(収支予測)を得られることができます。このクラスター分析の目的は時間のかかるプロジェクションでの実行時間を短縮することですが、ビジネスの顧客側にも同様のアルゴリズムを取ることができます。

次回は、同記事「Bull’s-eye!: Using targeted products and market segmentation in life insurance to benefit both insurer and customer」の第2回を配信予定である。

注. 本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。
この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします。

2018年8月21日火曜日

インデックス型変額年金 第3回




2018年8月21日
 
 
本記事は、アメリカアクチュアリー会のニュースレター3月号に記載されている記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の翻訳である。この記事は3回に分けての配信予定であり、その最終回である今回は、「US STATUTORY ACCOUNTING」、「US GAAP ACCOUNTING」、「IMPLICATIONS」の3節について配信する。

インデックス型変額年金(IVA): 米国年金市場の次なる商品フロンティア
Simpa Baiye, Robert Humphreys, David Knipe

米国法定会計
 法定会計原則(SAP)の下でのIVAの責任準備金の算出は、適切な算出方法の枠組みの中で商品を分類することに関係してくる。IVAの商品設計とその付随的な特徴は、ニューヨークに拠点を置いていない保険会社のためのアクチュアリアルガイドライン43(AG43)に従った責任準備金等の算出方法の影響を受ける可能性がある。しかしながら、AG43はIVAに関する責任準備金等の明確な算出方法を指示してくれるわけではない。したがって理想的には、責任準備金要件を満たす明確な方法は、年金の最低評価基準と、実利的な資産負債総合管理(ALM)との対立的な影響を両方考慮したものになるだろう。ニューヨークに拠点を置いている保険会社によって発行されたIVAは、規制151と128に沿うように算出された責任準備金を積み立てるだろう。
米国会計基準(USGAAP)
 USGAAPの下でのIVAの責任準備金の算出は、クレジット設計(crediting design)における組み込みデリバティブの性質を考慮する必要がある。結果として、組み込みデリバティブのガイダンスであるASC815-15が適用され、またこれは親契約と商品の組み込みデリバティブの部分の識別を含む。親契約は債券で構成され、主に償却費用で評価される。一方、組み込みデリバティブは収入を通じて公正価値で評価される。別の方法は、金融商品に関するASC825に基づいた公正価値オプションを選ぶことで公正価値原則を用いる、契約全体(親契約と組み込みデリバティブ両方)の評価を含んでいる。
含意
 インデックス型変額年金(IVA)の業界売上高は、より多くの保険会社が競合商品を販売するにつれ今後も成長し続けるだろう。IVAの設計とリスク管理の手法は、消費者の要求と保険会社のリスク選好度とのバランスを取る必要がある。
 債券投資とデリバティブの取引から生じる利鞘は、保険会社の大きな利益収入源になる。したがって、保険会社にとっての最適な投資とデリバティブの利用戦略は、商品設計とリスク選好度を反映したものとなる必要があり、また詳細な分析も求められる。

次回は、「Bull’s-eye!: Using targeted products and market segmentation in life insurance to benefit both insurer and customer」を配信予定である。

注. 本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。
 この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします。

2018年8月10日金曜日

インデックス型変額 年金第2回


 
 


2018810

 

本記事は、アメリカアクチュアリー会のニュースレター3月号に記載されている記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の翻訳である。この記事は3回に分けての配信予定であり、その第2回である今回は、「ASSET- LIABILITY MANAGEMENT(Bond Component)」、「ASSET- LIABILITY MANAGEMENT(Derivatives Component)」、「PRODUCT ISSUANCE」の3節について配信する。

インデックス型変額年金(IVA: 米国年金市場の次なる商品フロンティア

Simpa Baiye, Robert Humphreys, David Knipe

資産負債総合管理(ALM

・債券部分

保険会社は、契約保証金(contract deposits)を確定利付証券に投資することで債券部分をヘッジできる。債券投資は、信用リスク、金利リスク、流動性リスクをとる保険会社に対し利息収入をもたらす。債券投資の保有期間リスク(duration risk)、流動性リスク及び信用リスクは、商品設計、脱退や償還の起こりやすさ、そして、株式指数に連動するクレジットに投資するために取引されたあらゆるデリバティブに対する担保の継続的な必要性を反映するだろう。

・デリバティブ部分

利息付与は、同タイミングで売却したプットオプションからもたらされる収益と同じ額のコールオプションを購入することでヘッジできる。債券投資で予想される利回りは、コールオプションの購入にも貢献するだろう。コールオプションは、取引所または店頭(OTC)で購入できる。

商品の発行

IVAの法定な商品形態はほとんどの場合、修正型最低利率保証付個人年金(Modified Guaranteed Annuity, MGA)である。MGAは、事実上利回りが決められた期間維持された場合のみ保証される据置変額年金である。MGAは、(とりわけ)商品の特徴、IVAのために保証された複数のアカウント(guaranteed separate accounts)を作成すること、そして準備金に充当する資産の市場価値、に影響を与える規制に左右されやすい。

 

  IVAの商品設計の特徴は、保険契約者が契約の満期に頭金の一部または全てを失う可能性があることだ。この理由から、IVA1933年証券法に基づいて登録が必要である。証券法の下での発行は、準備金に充当する資産が含まれるユニット化されていない(non-unitized) 、保証された複数のアカウント(guaranteed separate accounts)を確立することにより補われる。これらの複数のアカウント(separate accounts)は、関連した州法に従うものである必要がある。

 

 複数のアカウント(separate accounts)と保険会社の一般アカウント(general account)の間での送金(許可された場合)は、支払準備金要件やデリバティブの継続的な担保要件への資金供給、保険給付の支払い、そして保険会社に利益をもたらすのに役立つ。




 
次回は、同記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の第3回を配信予定である。

注. 本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属に帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。
この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします。

2018年8月4日土曜日

インデックス型変額年金

 
 
 
2018年8月4日

 
本記事は、アメリカアクチュアリー会のニュースレター3月号に記 載されている記事「Indexed Variable Annuities: The Next Product Frontier for the U.S. Annuity Market」の翻訳である。この記事は3回に分けて の配信予定であり、その第1回である今回は、「WHAT ARE INDEXED VARIABLE ANNUITIES?」、「IVA DESIGN」、「PRODUCT ENGINEERING」の3節について配信する。 図に関しては元の記事を参照されたい。
 

インデックス型変額年金: 米国年金市場の次なる商品フロンティ ア
著Simpa Baiye, Robert Humphreys, David Knipe
      

 「構造型(structured)」または「緩衝型( buffer)」 年金としても知られているインデックス型変額年金(IVA)は、 保険会社と投資家の両方の関心を集めている比較的新しい商品であ る。IVAには保険会社や顧客にとって魅力的な特色がある一方、 複雑な財務報告とコンプライアンスの考慮が必要となる。 実際の発行人、 潜在的な発行人および他の利害関係者がこれらの商品の性質をより よく理解できるように、この記事では以下のことを議論する。
・商品設計
・商品工学(product engineering)
・発行
・資産負債総合管理
・規制およびGAAPの会計フレームワークに関する会計上の考慮 事項
 

インデックス型変額年金とは何か?
 インデックス型変額年金(IVAs)(「構造型( structured)」または「緩衝型(buffer)」 年金としても知られる)は、比較的新しい据置年金商品である。I VAは本質的に、 市場パフォーマンスの低下によってある程度リスクが生じる可能性 がある一方で株価指数に連動した累積的な利息をもたらす据置年金 である。IVAは、株価指数に連動した限定的な利益をもたらし、 また市場パフォーマンスの低下によるリスクを負うことがない定額 指数連動型年金(fixed indexed annuities, FIAs)や、 市場パフォーマンスの影響をもろに受ける変額年金とは異なる。図 1(15ページ)はこの特徴をIVAやそれに関連した他の種類の 年金と株式市場の収益率に対応した期間収益率(または予定利率) を示すことで説明している。
 
IVAの設計
 
商品工学(Product Engineering)
 
本記事の日本語著作権は株式会社ヨシダ・アンド・カンパニーに帰属しており直接のメール会員、当社の教育講座受講生以外の外部へのコピーまたは電子媒体での流出を禁じます。当法人は翻訳の正確性について一切の責任を負いません。

この記事を最後まで読まれたい方下記よりメール会員登録をお願いします

2018年4月29日日曜日

OECD 円卓会議でアジア保険市場についてアクチュアリーとして発表




4月25日、26日と霞が関ビルでOECD Round Tableが開催されました。

東京国際アクチュアリーアカデミー学長の吉田英幸も国際アクチュアリー会(IAA)の代表としてプレゼンを行いました。

当日の資料は、ご要請によりご提供します。

国際的アクチュアリーを目指す方は、当アカデミーの講座やインターンシップをどうぞ。初心者講座、本講座、米国アクチュアリー会(SOA)講座と三つあります。遠隔地でもビデオ受講可能です。

2017年9月12日火曜日

ライフネット生命創業者出口先生の生保成長戦略のセミナー


東京国際アクチュアリーアカデミーでは、特論セミナーを開始しましたが、その第3回目のセミナーは、ライフネット生命創業者 出口 治明 先生をお招きして、保有契約の伸び悩みが続く日本の生保業界の成長戦略がいかにあるべきかにつき、ご講演いただきます。
特論セミナーのリンクは、こちらです。今すぐの申込を。

今後の生保業界の成長戦略のあるべき方向性について

【日時】10月17日(火)14:00-17:00
会場】FBCフォーラム
    
詳細はこちらをご覧ください。
受講料】16,200円(税込)
講師ライフネット生命創業者 出口 治明 先生
出口先生

【講師経歴】1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年に代表取締役会長就任。2017年6月から創業者として、ライフネット生命の広報活動・若手育成に従事。

【お申込み】
銀行振込を希望される方はこちらよりお申込みください。