2017年5月12日金曜日

アクチュアリー試験合格率トップを誇ったアメリカのノースイースタン大学院


かつて、米国の大学でアクチュアリー試験合格率トップを誇ったのは、マサセッチュ州ボストンにあるNorth Eastern Universityの大学院 Actuarial Science 講座である。私は1970年代の後半にここに留学して、米国アクチュアリー会(SOA, Society of Actuaries)の正会員(FSA, Fellow of Society of Actuaries)合格を果たした。15年前にアメリカのアクチュアリー会の年次大会があったとき、2002年10月にボストンを再訪問した時に撮影したのが、上の写真だ。当時と全く変わっていなかった。
当時は、米国ではアクチュアリー試験が年2回、春と秋に実施される頃になると、全米のアクチュアリー試験受験候補者が飛行機でボストンに集まり、ここで数週間の集中講座を各科目に分かれて受講していた。皆が選りすぐりの秀才で合格を目指して会社から派遣されて試験休暇を取ってきているので、真剣さが圧倒的に一般の学生とは異なっていた。このように、アクチュアリー講座を提供する大学の評価は、合格率で選別されていく。Crofts学部長は高齢で既に他界されたであろう。Dick London教授は、その後アクチュアリー教材を販売する出版社を作りそれが、今のACTEX Learning社の前身になっている。
私が、東京国際アクチュアリーアカデミーを設立したのは、実はこのビジネスモデルをずっと昔から念頭に置いていたことがある。専門試験というのは、独学ではなかなか受かりにくい。このようなスクールが必ず日本でも必要になると思った。米国の試験は、東京国際アクチュアリーアカデミーのSOA講座で準備しましよう。講座は5月20日から開始します。申し込みは、お早めにこちらから。バイリンガルの講師が、日本人には日本語で教えてもらえます。しかも、一年に3回受験のチャンスがあります。 受験の仕方、申し込み方法、教材の入手方法などすべて解説します。

もちろん、日本人であればやはり本家の日本アクチュアリー会の試験を目指しましよう。初心者講座はこちらから。本格的に合格を目指す本講座はこちらからどうぞ。
質問は080-4339-4650 まで何なりとご照会ください。



2017年5月9日火曜日

アメリカのアクチュアリー試験(SOA)情報4 技術情報の豊富さ


アメリカのアクチュアリー会(SOA)に加入することのメリットは、何といっても技術情報の豊富さであろう。毎日のようにセミナーやWebinarの動きの情報が配信される。セクションの数も豊富で、添付画像のような資料を日本まで郵送してくれる。
また、世界中にアメリカのアクチュアリー会の会員はグローバル展開しており、ローカルのアクチュアリー会ともアンバサダー制度でインターフェイスしている。グローバルに活躍したい若い方は、日本の試験と合わせてチャレンジをお勧めする。
東京国際アクチュアリーアカデミーの講座で、まずは確率論Pの受講をお勧めします。申し込みは、こちらから
また、日本の試験の初心者講座はこちらから真剣に合格を目指す本講座はこちらからどうぞお申込み下さい。質問は、080-4339-4650までお気軽に。

2017年5月8日月曜日

アメリカのアクチュアリー試験(SOA)情報 その3


外資系生保社長への最短の道、米国アクチュアリー(SOA)試験を受けましよう。年齢制限は事実上見当たらず、高校生以上でも日本で受験できます。日本アクチュアリー会の試験では、大学3年まで受けられませんが、飛び級を認める米国の教育システムの反映です。天才には天才の教育をです。大学1年生2年生のうちに受けて卒業するまでに、正会員になる人もいます。 合格率は50%と言われています。
東京国際アクチュアリーアカデミーのSOA講座で準備しましよう。講座は5月20日から開始します。申し込みは、お早めにこちらから。バイリンガルの講師が、日本人には日本語で教えてもらえます。しかも、一年に3回受験のチャンスがあります。
受験の仕方、申し込み方法、教材の入手方法などすべて解説します。
もちろん、本家の日本の試験の初心者講座はこちらから。本格合格を目指す本講座はこちらからどうぞ。
質問は080-4339-4650 まで何なりと照会ください。

2017年5月7日日曜日

アメリカのアクチュアリー(SOA)情報2 日本で受験可能


アメリカアクチュアリー会(SOA)の試験は、東京のお茶の水に試験センターがあります。受験するのに、アメリカまで行く必要はありません。以下の会場です。

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6

東京国際アクチュアリーアカデミー、アメリカアクチュアリー会(SOA)試験の講座は、5月20日から開始です。申し込みは、お早めに。科目P(Probability)は、日本の数学の試験より確実に合格しやすいはずです。まず、第一科目をものにしましよう。
こちらのリンクからどうぞ。
電話での照会は、080-4339-4650までどうぞ。
すべての講座の案内は、次をご覧ください。
東京国際アクチュアリーアカデミーの講座

2017年5月6日土曜日

アメリカアクチュアリー会(SOA)試験情報1



アメリカアクチュアリー会(SOA)の講座は、5月20日から開始です。申し込みは、お早めに。科目P(Probability)は、日本の試験より確実に合格しやすいはずです。
こちらのリンクからどうぞ。
照会は、080-4339-4650まで。
東京国際アクチュアリーアカデミーの講座

2017年5月2日火曜日

国際アクチュアリー会のリスクブックに関するERM Webinar開催


国際アクチュアリー会(IAA)のリスクブックについて解説するERM Webinarを6月15日に実施しますので、アクチュアリーとリスクプロフェッションの皆さんは、極めて重要ですので見逃すことなく参加登録下さい。アジアコンサルティング協会(ACCA)が、アジアのアクチュアリーのために編成したものです。登録は、添付の案内状を参照ください。

東京国際アクチュアリーアカデミーの講座では、アクチュアリーを目指す人々のために様々な試験合格用の講座を開設しています。申し込みはこちらから



2017年4月26日水曜日

公認会計士がアクチュアリー試験を受けるメリット


最近、監査法人の若い会計士がアクチュアリー試験を受ける傾向があるようだ。もともと勉強好きな専門職のプロなので、自己の専門領域を更に拡大しようという意欲があるのだと思う。とりわけ保険会社の監査に従事するとなると保険数理の基礎を知らなければ、監査チームの中で重要な役割を果たすことはできないであろう。責任準備金とは何かとか保険料はどのように計算されているのか等は、アクチュアリーの基本であるが、他の事業の監査とは全く異なる概念が使われる。特にこれから保険IFRS17のコンバーションなどの大掛かりな業務に従事するには、保険数理の基礎は必須であろう。東京国際アクチュアリーアカデミーでは、このようなニーズにこたえられるように5月下旬から初心者講座を用意している。もちろん本格的に試験に合格するための本講座も7月から用意されている。両方受けるのがベストである。土日が講義なので、会社の業務に支障をきたすこともなく、仮に都合が悪い日があっても、ビデオ録画を提供するので、欠席してもフォローが容易である。このようなサービスは、他のセミナー業者では提供していない。更に外資保険会社の監査に従事するには、米国アクチュアリー会(SOA)の試験を受けるのが必要になる。会計基準が異なり、アクチュアリー基準も異なるからである。その初期SOA講座も提供されている。講師のヒラカワブライアン氏は、バイリンガルで日本語はネイティブ同様です。無論英語の強化も狙いです。受講生に合わせて日本語で実施します。早めの申込をお勧めします。